Life

HSPは生きづらい? 心地よく生きていくために知るHSPの特性3つ

 

他人の機嫌ばかり伺ってしまう…人の何気ない発言をずっと引きずってしまったり、感受性が強すぎてインパクトのありすぎる映画は苦手。

満員電車や職場での、人との距離の近さが苦手…。

 

ゆきこ
ゆきこ
この世界って生きづらいな。

 

なんて思って悩んでいませんか?そんなあなたに送りたい記事です。

HSPという言葉を知っていますか?

色々なことに敏感になりすぎてしまう人たちを指す言葉ですが、私はHSPだと思っています。(診断されていませんが、あまりに当てはまることが多すぎるのです。)

HSPの人たちは繊細で、色々な所にアンテナを張り巡らせることが出来るのでHSPではない人達に比べて物凄く疲れやすかったり、気になってしまうことが多いのです。

あなたを変えるのではなく、自分を取り巻く環境や日々の過ごし方を変えることで疲労感がぐっと減り楽に生活をすることが出来ます。

少しでもあなたが心地よく生きていけるために必要な意識を3つご紹介します。

HSPって何?病気なの?

まず、HSPは病気ではありません。

HSPはハイリー・センシティブ・パーソンと言い、高度な感覚処理感受性の気質を持つ人のことを指します。

これは、病気ではなく性格です。

この、HSPに該当する人は人工の約15~20%を占め、男女の偏りはありません。っして、これは気質のため生涯変わることはありません。

人間以外にも100種類以上の生物にもみられています。

Wikipediaより一部抜粋

 

ゆきこ
ゆきこ
なるほど…感受性が強い私はHSPなのかもしれない…友人に気にしすぎだよってよく言われるのはこれだったのかぁ~

 

私はいわゆる気にしぃというやつで、他人の機嫌や顔色を窺って生活することが多いです。相談した友人に何度も気にしすぎだよ!平気だよ!と言われても気にすることを辞められず苦しむことがあります。

ちょっと前までは、ネガティブだな…と落ち込むことが多かったのですが、HSPという概念を知り、本を読んで納得しました。

私はHSPだから、こんなに気になってしまうのか…と。

HSPの代表的ば特性を以下にあげていきます。

HSPが生きづらいと感じてしまう特性3つとは?

 

 

HSPの代表的な特性を私の日々感じていることを織り交ぜて以下に説明していきます。

HSPの生きづらい特性その①情報処理の仕方が他人に比べて複雑

HSPと言われる人は、情報処理が通常の人より深く察知することが出来ます。小さな表情の変化やニュアンスまで感じ取ることが出来ます。それは、時により不安の対象になりますよね。

「この人を不快にさせてしまったかもしれない……」

HSPである私達は、すごく気にして日々の生活にも支障がでてしまうことも……

見方によると、とても素敵な能力ですが私達の悩みの原因でもあります。

HSPの生きづらい特性その②刺激を受けやすい

HSPの人がいきすらさを感じる理由として、刺激に対してとても敏感であることが挙げられます。人の感情や雰囲気を瞬時に察して刺激を受けるため他の人より疲れやすくなってしまいます。

この疲れは心身共に疲れて蓄積してしまい体調不良や不機嫌につながります。嫌なことだけでなく、楽しいことでも刺激が強すぎると疲労になってしまいます。

私は、友達と会ったり騒いだりすることが大好きです。でも、遅い時間まで外出していることで夜独特の都会の雰囲気やギラギラとした電気や、柄の悪そうな人たちの近くを通らなくてはいけないことに対してとてもストレスを感じてしまいます。

人々の盛り上がった声や都会独特の他人との距離の近さに私は過敏に反応してしまいます。

 

SPの人が生きづらい特性その③共感力が高く、感情移入しやすい

「年を重ねると涙腺がもろくなるよ」こんな言葉を聞いたことはあるでしょうか?

私はそれを真に受けていました。理由は、自分の涙腺のもろさが年々強くなっているからです。

テレビで感動してもらいたいと考えて作られた場面では100%泣いてしまいますし、オリンピックのダイジェストも涙なしでは見れません。

元気な子どもがダンスを頑張って踊っていることでも、泣けますし全く思い入れのない選挙演説をしている議員候補さんを横目にしても「頑張ってるんだな……」と思って泣いてしまいます。(堪えるのですが)

 

ゆきこ
ゆきこ
感受性はどんどん強くなってる自信がある……私おかしい?って心配になるくらいだったけど、HSPの概念を知ってから少し心が楽になったし、自分を受け入れてあげられるようになったよ。

 

私はHSPかも?と思ったら……

 

私もHSPかも……?

 

と思った方もいるかもしれません。HSPは病気ではありません。自分がこの難しい世界を心地よく生きていくためのヒントとして捉えていくといいと思っています。

私は、普段は看護師として働いていますが、このHSPという概念を見つけてから働き方を変えていこうと決意して、現在ライターとしても活動しています。今後は、自宅でお仕事が出来るように徐々にシフトしていくことを目標にしています。

HSPのセルフチェックのサイトも出てきます。

私が個人的にお世話になったセルフチェックサイトをご紹介します。

HSPセルフチェックはこちらからできます。

よかったら、心当たりがあるあなたもやってみてください。何かヒントが得られるかもしれません。

 

まとめ

HSPは病気ではありませんが、この難しい世界ではすごく生きづらいと感じる性格だなと、HSPの私は感じます。

常に誰かに気を使っている・人より気になるところが多すぎて疲れる・感受性が強すぎて自分でもびっくりしてしまうなどいい面も沢山ありますが、もう少し鈍感だったら……なんて感じてしまうこともしばしば。

しかし、HSPという概念を知る事で自分は弱いんじゃなかったと、自分に優しくすることが出来ますし、新しい生活の送り方を見つけるキッカケにもなります。

私は、同じようにこの世界を生きづらいと感じる人が少し優しい世界に入れるように自分の仕事などを開拓していきたいなと思っています。

HSPという性格が、生きづらいなと感じているときに出会ったこの本に救われたので最後にご紹介します。この世界が生きづらくてしんどいかたはSNSのDMからのご連絡もお待ちしています。

 

created by Rinker
¥1,320
(2020/01/26 14:44:43時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

Twitter・Instagramをしていますでこちらからどうぞ!

 

https://twitter.com/yukiko_ideaL/status/1138743908979027968?s=20

 

生きやすい世界を少しづつ作っていけるように、誰かを受け止めてあげられるようになりたいと私も日々活動しています。息抜きをしながら生きていきましょう。

ABOUT ME
ゆきこ
ゆきこ
東京で看護師・ライターとして働きながらこちらのサイト「ideaL」を運営しています。自分らしく生きるをモットーに挑戦したり、失敗したり人間臭く生きています。 宝物は夫と愛ハムのはちみつ♀です。 大切な人を大切に出来るように生きていくことが夢です。